宣言:ブログを真面目に書きます。

こんにちは、中村裕也です。

いきなりですが、これから真面目にブログを書こうと思います。和紙のことや自分のことを、自由でありのままの自分らしい素直な文章で書きます。

 

ただ、正直SNS等は得意じゃないし、人のもほぼ見ないし、見てもそれなりに時間使うし、ならばその時間を読書に費やしたいと思うし。

でも、周りからSNSをちゃんとやれやれ、やらなあかんと言われるし。。。

しかし、頭では作るより伝える方が大事ということは分かっているつもりだけど、やっぱり作る方が好きやしなぁと考えたり。。。

ただ、でも、しかし、これからはきちんと自分を伝えていけるように努力をしていきます、という宣言をタイトル通りします!

 

僕は、読書が大好きで文字を書くのも好きなので、きっとできるはず!と信じつつがんばります。

今日も本が2冊届きました。同時に読みかけの本が5冊あります。速読ができるわけでもなく、どちらかと言うとゆっくり納得いくまで読むタイプなので、いつ読み終わるのか分かりませんが、、。

届いた内の1冊は、和紙文化辞典という全然おもしろくない内容の本というか辞典です。

図書館で偶然発見し、現在は廃盤のため即古本屋で購入。和紙に関する内容だけで500ページほどのボリューム、しかも箱付き。装丁も箱も和紙製でラベルはおそらく手貼り。なんとまぁ、立派な一品だこと。

内容はもちろん知らないことだらけ。こんな品を手に取ると、作りも中身もすごいなぁと感心します。

このブログで和紙のことを書く時に、自分の実体験以外の知識は正しいものであるように心掛けているので、多分これから重宝する予定です。

コロナでいくら仮想空間の世の中になっても、リアルに勝るものはないと僕自身は考えているので、こんなリアルな人の辞典に出会えてラッキーでした。

そんなこんなで、これからおもしろくない記事や表現もあると思うし、時には不快な思いをさせる表現もあるかもしれませんが、自分自身の記録として書き溜めたいと思っています。そして、何かひとつでも読んでくださる方にとって、お役に立てればと願います。
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。